フェーズフリー認証

フェーズフリー認証を受けた商品・サービスであることを表明できる制度のご案内です。

フェーズフリー認証マーク(PF認証マーク)とは

フェーズフリー認証マーク(PF認証マーク)

商品やサービスの日常時および災害時の価値を、ご提出いただいた資料に基づいて審査します。
審査の結果、フェーズフリー認証を得た場合には「PF認証マーク」の使用が認められます。

フェーズフリー認証マークのご活用例

商品本体、パッケージやタグ、パンフレット、チラシ等の販促媒体への表示など、幅広くご活用いただけます。

使用例-1
使用例-2
使用例-3
使用例-4

審査のお申込み
WEBサイトより申請いただきます。
https://phasefree.net  

審査料の支払い
審査料は1件あたり30,000円(税別)。
認証は、1度の審査で3年間有効です。

協会による審査
フェーズフリー協会選任の有識者によって、提出資料に基づいて行います。
審査には約2ヶ月を要します。

審査通過のお知らせ
審査を経て認証された場合には通知書を発行します。

マーク使用料の納付
年単位での使用料は、商品/サービスの年間予定販売額または総事業費のいずれかから算出されます。
使用料につきましては、WEBサイトをご確認ください。

フェーズフリー認証マーク使用開始

費用とご使用期間

フェーズフリー認証審査料
件数 ×(30,000円+消費税3,000円)
(例)1件×(30,000円+3,000円)=33,000円
フェーズフリー認証マーク使用料
毎年のお支払い
売上見込み額/総事業費のいずれかから算出
審査は フェーズフリー認証サイト からお申込みください(申請にはユーザー登録が必要です)。
使用料は1年ごとに使用実績の報告と併せて翌年分の支払いを行います。
一度の認証審査の評価結果は最大3年まで継続して有効。3年経過後は、改めての認証審査が必要です。
費用とご使用期間

フェーズフリー認証マークの審査基準

フェーズフリーの5つの原則に基づいた審査基準に従い、フェーズフリー協会の基準・認証委員会で審査いたします。

フェーズフリーデザインが提供する価値
フェーズフリーの概念
フェーズフリーの5つの原則
フェーズフリーの5つの原則

認証の単位

認証はブランド・型番ごとの審査になります。
但し、使用シーンにおいて商品/サービスの有するフェーズフリー性が一致すると認められる範囲で、一括しての審査が可能です。

※「フェーズフリー認証」は組織のフェーズフリーへの賛同を示す「フェーズフリーアクションパートナー」とは独立した制度です。企業・団体・個人としてフェーズフリーへの賛同を表明いただく際にはフェーズフリーアクションパートナーマークも併せてご使用いただく必要があります。アクションパートナーの取得の有無は、フェーズフリー認証マークの審査には影響しません。